手を動かすよりアニメを見ていたい

書きたくなったら書く

@lw_ru 講演イベント「世界の複数性について」

はじめに


blog.livedoor.jp


普段「yubit! 映画研究部」という名前で、定期的に映像作品を見たりゲームを楽しむだけの活動に参加しているのですが、その会の名前で上のようなイベントを開催しました。
メインであるLW @lw_ru さんの講演については…うん、すごく難しそう…

続きを読む

バーチャル YouTuber とは - ほとんどの日本人が意識せざる得ない存在に

目次

  • 目次
  • はじめに
  • バーチャル YouTuber とは
  • 何故バーチャル YouTuber の人気が伸び始めたのか
  • バーチャル YouTuber の特徴
    • バーチャルキャラクター
      • 匿名性
      • コンテンツ性
    • インタラクション(相互作用)性
      • より強い実在感
      • 二次創作の活性化
    • 必ずしも必要ではない特徴
  • バーチャル YouTuber の持つ様々な文脈
  • ネット動画配信だけではない可能性
  • まとめ
  • おわりに

はじめに

最近バーチャル YouTuber (VTuber)に夢中で、時間が溶けています。今後の人生において何かしら関わっていければと思わずにはいられないほど。

先日、オタク友達とバーチャル YouTuber について話をする機会がありましたが「見ると何か良いことでもあるの?」と呆れ顔で言われてしまいとても悲しい思いをしました。
普段アニメやゲームといったオタクコンテンツを摂取する友人ですらそのような認識ですから、世の中の多くの方たちにとって、バーチャル YouTuber に対するポジティブな感覚は中々理解し難いものがあるのかもしれません。

そんな訳で、バーチャル YouTuber について、何となく素人発信の趣味動画という認識の域を出ない方がとても多いような気がしていますが、決してそんな事はありません。

これまでバーチャル YouTuber に興味のなかった多くの方に読んでいただき、少しでもバーチャル YouTuber の魅力を感じ取って頂ければと思います。
また、既にバーチャル YouTuber をご存知の方にも読んでいただき、新しい魅力に気づいて頂ければ光栄です。

バーチャル YouTuber とは

Wikipedia 曰く

YouTuberとして動画配信・投稿を行うバーチャルアイドル

とあります。

既出のものに例えるのであれば、個人的には COUNT DOWN TV の 3D モデルキャラクターたちが最も近い存在だろうと捉えています。
f:id:solaio:20180509184101p:plain*1

実際の例として、キズナアイが挙げられます。


【自己紹介】はじめまして!キズナアイですლ(´ڡ`ლ)

YouTube のチャンネル登録者数は 100 万ユーザーを超え、大手放送局の TV 番組に出演したりと、バーチャル YouTuber に詳しくない方でも、既にご存知の方は多いのではないでしょうか?

*1:Wikipedia 曰く、アビー君、菊池君、メイプルという名前もあるらしいです。

続きを読む

【ネタバレあり】さよならの朝に約束の花をかざろう(さよ朝)考察とか

4日に友人らと感想共有会がありましたが、その時用のメモです。
感想記事にあった考察+αの内容を書きました。

続きを読む

2018年冬期アニメ感想

時期尚早感否めずですが、来月4日に友人と感想を共有する場が予定されており、予め整理しておく目的で現段階での感想を軽くまとめておきます。
ちなみにネタバレはないです。
jp.annict.com

続きを読む

【ネタバレあり】映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』(さよ朝)感想 非の打ち所が無い素晴らしい作品

目次

  • 目次
  • はじめに
  • 評価
    • 総合
    • 今作の評価軸
  • 要約
  • 第一印象
  • 背景・色・作画
  • 設定・世界観
  • テーマ・ストーリー・構成・キャラクター
  • 音楽
  • 総評
  • お気に入りシーン
  • おわりに

はじめに

2日前の2月24日(土)に公開されたばかりの作品でありながら、先行上映会や正式公開直後2日の間に、既に多くの方が感想を投稿されている、みなさん大注目の作品ですね。

特定の作品の感想をきちんと書いてみるという取り組みは初めてで、上の状況も踏まえ実は緊張していたりもするのですが、勉強も兼ねて出来る限り他の方の感想や資料などは読まずに書いてみます。

ツッコミどころ満載な気がしていますので、気になる点があれば是非コメント頂ければと思います。

評価

総合

100点(100点満点中)

今作の評価軸

評価軸 5段階評価
背景・色・作画 ★★★★★
設定・世界観 ★★★★★
テーマ・ストーリー・構成・キャラクター ★★★★★
音楽 ★★★★★
続きを読む