手を動かすよりアニメを見ていたい

書きたくなったら書く

@lw_ru 講演イベント「世界の複数性について」

はじめに


blog.livedoor.jp


普段「yubit! 映画研究部」という名前で、定期的に映像作品を見たりゲームを楽しむだけの活動に参加しているのですが、その会の名前で上のようなイベントを開催しました。
メインであるLW @lw_ru さんの講演については…うん、すごく難しそう…

LW @lw_ru さんとは

blog.livedoor.jp
普段こんなブログを更新されている方です。
アニメを中心に様々な映像、文章作品を嗜まれており、ブログ文章からは教養を感じさせます。
うん、すごく難しそう(以下略)

講演内容について

文量が多いとか、専門用語が多いとか、そういったものは感覚的な敷居の高さに繋がってくる訳ですが、
講演そのものは平坦な表現を中心に分かりやすく説明して下さったので本当に分かりやすかった。
ここまで専門度合いの高い内容でありながらも、僕のように一般の方でも理解出来る点は本当に素晴らしかったです。

「世界の複数性について」は科学的に量子力学的なバックボーンがある事、「可能世界論と様相」という解釈や捉え方がある事、ポストモダンによってバリエーションに変化が生まれた事などがすっと腑に落ちました。
異世界ものを中心とした複数世界への認識の精度が向上した感覚があります。

興味ある方は LW @lw_ru さんもしくは私など映研メンバーに声をかけてみてください。より詳細な説明が聞けるかもしれません。

講演会に携わってみて感じたこと

普段「yubit! 映画研究部」という名前で、定期的に映像作品を見たりゲームを楽しむだけの活動に参加している

やっと名前らしい活動が出来たかなと思います。
とても刺激を受けましたし、今回のようにインプット*1・アウトプット*2の機会をもっと増やせたらと思いました。

すごく難しそう…

また、敷居の高さというのはあくまで感覚的なものであって、細かく噛み砕けば何事も理解できそうだ、という発見も得られました。
知的な興味は尽きませんが、変なところで尻込みせずに情報に触れる機会を増やせれば、専門度の高い内容であっても自然と受け入れることが出来そうです。

講演会イベントはまた実施したいですね。講演者としての参加も一度は取り組んでみたいです。

謝辞

講演会企画・準備の Ford @fofoford さん、講演者の LW @lw_ru さん、イケダ @azusaikeda さん、ひふみん @hifumi_justine 、本当にありがとうございました。
*3

また、映研メンバーの為の講演イベントに近い立ち位置ではあったものの、他の多くの方に来て頂けてとても光栄でした。来場のみなさんありがとうございました。
また機会作りますので、今後とも引き続きよろしくお願いします。

*1:講演拝聴側として

*2:講演会主催側として

*3:本題では無かったので全く触れませんでしたが、イケダさん、ひふみんの話もちゃんと面白かったですw